登録ユーザー数 44人

レモングラス精油の効果・効能・使い方

レモングラス

レモングラス精油は、レモンのようなフレッシュで爽やかな香りを楽しませてくれるエッセンシャルオイルです。
古くからハーブとして親しまれてきたレモングラスは、私たちにとっても身近な存在と言えるでしょう。
心と体を癒やす効果が期待できるレモングラス精油の基本情報や相性の良い精油、使用するのにおすすめなタイミングなどを解説します。

レモングラス精油で覚えておくべきポイント

1.不安や緊張を取り除き、活力や集中力を高めてくれるパワー!
2.虫除け効果や空気清浄、感染症予防効果も期待できる!

基本データ

学名Cymbopogon citratus
科名イネ科
主な産地中国、インドネシア、インド、アフリカ
採油方法水蒸気蒸留法
抽出部位全草(根以外)
主な含有成分アルデヒド類(シトラール)
モノテルペン炭化水素類(リモネン)
モノテルペンアルコール類(シトロネロール、ゲラニオール)
香りの特徴成分 シトラール(※レモンのような爽やかな香り)
主な作用リラックス作用、リフレッシュ作用、食欲増進作用、抗菌作用、抗炎症作用、抗感染作用、消臭作用、虫除け作用など

どんな時にレモングラス精油を選ぶ?

爽やかな香りを楽しめるレモングラス精油は、古代から人々に好まれ使われてきたエッセンシャルオイルです。
アジアでは、食用ハーブとして料理の風味付けに用いられることも多いレモングラス。
この精油には、具体的にどのような作用が期待できるのでしょうか?
心・体・肌の3つに分類して、詳しく紹介します。

(心への作用)
1.ストレス解消、リフレッシュ作用
レモングラスの爽やかな香りには鎮静作用があり、ストレスや不安を取り除く効果が期待できます。
不安や緊張で悩まされているときも、気持ちをリラックスさせてくれるでしょう。
また、ストレス性の頭痛や腹痛など、体の不調を和らげる効果もあると言われています。

2.集中力アップ
レモングラス精油には、脳を活性化させる作用があるとされています。
集中力や記憶力を高めたいときに効果的です。
さらに近年、認知症予防効果でも注目を集めています。

(体への作用)
1.鎮痛、抗炎症作用
レモングラス精油には、炎症や痛みを抑える効果が期待できます。
とくに運動後の疲れた体や気になる筋肉痛に効果を発揮してくれるでしょう。
精油を希釈して、マッサージオイルとして活用するのがおすすめです。

2.代謝、血行促進作用
体の内側に働きかけ、血液やリンパ液がスムーズに流れるよう促す効果があります。
辛い肩こりや腰痛症状の緩和が期待できるでしょう。
また、冷えやむくみが気になるときにもレモングラス精油がおすすめです。

3.抗菌、消臭作用
優れた抗菌、消臭作用を持つレモングラス精油は、水虫ケアにも効果的です。
雑菌由来の気になる臭いの消臭だけではなく、水虫の原因菌を殺菌する効果も期待できるでしょう。

(肌への作用)
1.収れん作用
開いた毛穴を引き締め、皮脂バランスを整える作用があります。
肌のキメを整え、ハリのある肌へと近づけてくれるでしょう。

2.セルライトケア
リンパの流れを良くするレモングラス精油は、セルライトケアにもおすすめです。
精油を希釈して、マッサージオイルとして活用しましょう。

3.虫除け作用
レモングラス精油に含まれるシトラールには虫除け作用が期待できます。
蚊やハエ、ダニ、ノミなどに効果があると言われています。
虫除けに利用する際は、キャリアオイルと水を混ぜ、肌に直接スプレーして使います。

ブレンドすると相性のよい精油

レモングラス精油は、その他の精油と組み合わせても使用できます。
相性のよいブレンドは以下のとおりです。

1.レモングラス精油+ローズマリー精油
レモングラスの爽やかな香りは、ハーブ系のアロマと相性が良いものです。
特に清涼感やリラックス効果のあるローズマリーは、レモングラスとしっくり馴染みます。
爽やかで心地よい香りが、気分を明るくしてくれるでしょう。

2.レモングラス精油+マンダリン精油
レモングラス精油と同じく、柑橘系の爽やかな香りが楽しめるマンダリン精油。
同じ系統の香り同士のため、相性は抜群です。
ホッと安心できる香りと共に、気持ちをリフレッシュさせられます。

どんな時にレモングラス精油を選ぶ?

さまざまな作用を期待できるレモングラス精油。
生活のさまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。
心と体の疲れが気になるときや、勉強や運転に集中したいとき、脂性肌が気になるときには特におすすめです。

虫の活動が活発になる夏季は、虫除けスプレーにして活用しましょう。
爽やかな香りを楽しみつつ、安心・安全に使える虫よけ剤として重宝します。

レモングラス精油の使用上の注意・禁忌事項

【注意事項】
レモングラス精油には、皮膚に刺激を与える成分が含まれています。
敏感肌の人は、皮膚が荒れないかパッチテストを行って確認しつつ、慎重に使用するようにしてください。
またレモングラスは、イネ科に属する植物です。
イネ科植物にアレルギーがある人は、精油の取り扱いには注意しましょう。

【禁忌事項】
レモングラス精油は肌への刺激が強いため、高濃度での使用は禁忌事項に当たります。
マッサージオイルや入浴剤、虫よけ剤として使用する場合、濃度が高くなり過ぎないように調整しましょう。
また、妊娠中の方や緑内障を患っている方には使用禁止です。

レモングラス精油の価格

レモングラス精油の価格は、ブランドやグレードによって異なります。
比較的手ごろな価格で入手できるエッセンシャルオイルの一種で、【通常グレード(10ml):1,000円~2,000円程度】が相場価格です。
フランキンセンス精油の価格は、ブランドやグレードによっても異なります。
【通常グレード(10ml):3,000円~4,000円程度】が相場です。
エッセンシャルオイルの中では真ん中くらいの価格帯で、比較的入手しやすいでしょう。
関連記事
精油(エッセンシャルオイル)
100種類のアロマ精油|効果・効能一覧

【免責事項】

アロマテラピーは医療ではありません。精油の効果効能や心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関して Message from Aroma では責任を負いかねますので、あくまで自己責任にてのご使用をお願い致します。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様やペットにご使用する場合や、アロマ精油の使用にご不安のある方は、アロマテラピー専門家や専門医にご相談をお願いします。当サイトでご紹介しています「アロマテラピー協会」「アロマ教室」などで確かな知識を身に着け、事故のなきよう、アロマテラピーを楽しんで下さいね。

POSTED DATE

データ処理中

約5秒後にページが再読み込みされます