登録ユーザー数 44人

フランキンセンス精油の効果・効能・使い方

フランキンセンス

フランキンセンスの木から抽出される精油は、奥深いウッディな香りの中に独特のスパイシーさが楽しめるエッセンシャルオイルです。
古代エジプトより宗教儀式に使用されていたと伝えられており、神聖な香りとして古代オリエントやヘブライ王国などでも広く用いられていました。
クレオパトラがスキンケアのために使用したとも言われている、フランキンセンス精油。
基本データや使用におすすめのタイミング、ブレンドについて解説します。

フランキンセンス精油で覚えておくべきポイント

1.優れた鎮静効果で、心の不安やイライラを取り除いてくれる!静かな落ち着きを取り戻したいときにピッタリ!
2.気管支炎や咽頭炎にも効果抜群。喉や呼吸の状態を整えるのならフランキンセンス精油!
3.加齢肌に嬉しい作用をもたらす「若返りのオイル」と呼ばれることも!

基本データ

学名Boswellia carterii
科名カンラン科
主な産地オマーン、ケニア、インド、中国など
採油方法水蒸気蒸留法
抽出部位樹脂
主な含有成分モノテルペン炭化水素類(α-ピネン、α-ツエン、p-サイメン、リモネン、サビネンなど)
香りの特徴成分  
主な作用鎮静作用、抗うつ作用、皮膚再生作用、抗炎症作用、収れん作用、強壮作用など

どんな時にフランキンセンス精油を選ぶ?

非常に古くから現代まで愛され続けてきたフランキンセンス精油の、心と体、肌への作用を解説します。
「どんな時に選べばいいのだろう?」と悩んだ際には、ぜひ参考にしてみてください。

(心への作用)
1.鎮静作用
深いウッディ系の香りは、心の乱れを鎮めたいときに効果的です。
イライラした気持ちや、漠然とした不安感を落ち着けて平穏へと導いてくれます。
心を乱されたときや、自分自身と向き合いたいときにぴったりのエッセンシャルオイルです。

2.気持ちを前向きにさせる作用
フランキンセンス精油には、気分を前向きにする作用もあります。
なんとなく元気が出ないときや、活力を取り戻したいときにも、心を元気にしてくれるでしょう。

(体への作用)
1.呼吸器系の不調の緩和
フランキンセンス精油は、肺や鼻、喉などの呼吸器に優れた効果を発揮すると言われています。
抗炎症作用で、痛みや不快感を軽減してくれるでしょう。
また、深く安定した呼吸が、リラックス効果や安眠効果をもたらすとも言われています。
気管支炎や喘息で悩む方にもおすすめです。

2.鎮痛作用
神経系に働きかけ、鎮痛効果をもたらしてくれると言われています。
腹痛や月経痛、リウマチといった痛みに効果が期待できるでしょう。

3.子宮強壮作用
女性に嬉しいのが、子宮強壮作用です。
フランキンセンス精油は子宮に働きかけるため、女性の月経トラブルや辛い痛みの緩和作用が期待できます。
マッサージオイルとしてお腹に直接塗布するのがおすすめです。

(肌への作用)
1.アンチエイジング作用
フランキンセンスのエッセンシャルオイルは、加齢で衰えた肌の再生に効果的と言われています。
収れん作用や細胞促進作用によって、しわや乾燥、たるみへアプローチして若返りをサポートしてくれるでしょう。

2.抗炎症作用
皮膚の炎症を鎮め、健やかな状態へと近づけると言われています。
肌荒れが気になった際には、植物油で希釈してマッサージオイルとして使用するのがおすすめです。

3.癒傷作用
フランキンセンス精油は、赤ぎれやニキビ痕などの傷を癒やす効果もあるとされています。

マッサージオイルとして揉み込むことで、傷痕のケアにも使えます。

ブレンドすると相性のよい精油

フランキンセンス精油と相性が良いのは、柑橘系やスパイス系の精油です。
レモンなど柑橘系の香りと組み合わせると、よりスッキリした香りを作れます。
またスパイス系では、パチュリやシナモンとブレンドするとしっくり馴染みやすいです。

フランキンセンス精油はもともと、深みのある独特な香りを持っています。
そのため、同じ系統のサンダルウッドを組み合わせると、さらに深みが増すでしょう。
このブレンドは自分の心と向き合いたいときや、ゆったりリラックスしたいときにおすすめできます。

どんな時にフランキンセンス精油を選ぶ?

フランキンセンス精油は、自分自身の心を癒やしたり内面に向き合いたいときに使うのがおすすめです。
たとえば「日々の疲れを休日にまで持ち込んでしまい、なんとなく元気が出ない…」という場面などにフランキンセンス精油はぴったりです。
ウッディで深みのある香りは、心をリフレッシュさせてくれるでしょう。
また、気持ちを落ち着ける効果があるため、ヨガや瞑想のお供としてもおすすめです。

特に女性に人気なのが、スキンケアアイテムにフランキンセンス精油を取り入れる方法です。
キャリアオイルにフランキンセンス精油を混ぜ合わせ、気になる部位をマッサージしましょう。
若々しい肌を取り戻せるかもしれません。

フランキンセンス精油の使用上の注意・禁忌事項

1.注意事項
妊娠初期は使用を避けましょう。
またマッサージオイルやスキンケアアイテムとして使用する際には、希釈して使用するようにしてください。

2.禁忌事項
特にありません。

フランキンセンス精油の価格

フランキンセンス精油の価格は、ブランドやグレードによっても異なります。
【通常グレード(10ml):3,000円~4,000円程度】が相場です。
エッセンシャルオイルの中では真ん中くらいの価格帯で、比較的入手しやすいでしょう。
関連記事
精油(エッセンシャルオイル)
100種類のアロマ精油|効果・効能一覧

【免責事項】

アロマテラピーは医療ではありません。精油の効果効能や心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関して Message from Aroma では責任を負いかねますので、あくまで自己責任にてのご使用をお願い致します。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様やペットにご使用する場合や、アロマ精油の使用にご不安のある方は、アロマテラピー専門家や専門医にご相談をお願いします。当サイトでご紹介しています「アロマテラピー協会」「アロマ教室」などで確かな知識を身に着け、事故のなきよう、アロマテラピーを楽しんで下さいね。

POSTED DATE

データ処理中

約5秒後にページが再読み込みされます