登録ユーザー数 44人

ヒバ精油の効果・効能・使い方(クイズ問題集も掲載)

ヒバ

ヒバ精油の効果・効能・使い方

【アロマテラピーを学んでいる方へ】

ヒバ精油について覚えておくべきポイントをまとめた「クイズ」を掲載しています。

クイズ形式の問題 を繰り返し行うことで、知識が定着します。スマホからいつでもできるので、ご活用頂ければ幸いです。

ヒバの木は、ヒノキ科に属する「ヒノキの仲間」です。
スギやヒノキと比較すると、知名度はいまいちかもしれませんが、ヒバのエッセンシャルオイルには優れた効果・効能が隠されています。
ヒバ精油にはどのような特徴があり、どういった場面で活躍してくれるのでしょうか?
和精油:ヒバ精油の基本情報をまとめます。

ヒバ精油で覚えておくべきポイント

  1. 実はヒノキよりも豊富な「ヒノキチオール」(ヒノキから最初に発見されたヒノキチオールという香り成分は、実はヒノキよりもヒバに多く含まれています。)
  2. 抗菌・防カビ・防虫効果が期待できます。(ヒノキチオールは、雑菌類やカビ類、ダニなどの増殖を抑える力をもっています。)

ヒバ精油クイズ

0 votes, 0 avg

ヒバ精油クイズ

Thujopsis dolabrata

1 / 2

1. ヒバ精油に含有されているフェノール類は?

2 / 2

2. ヒバ精油の科名は?

Your score is

基本データ

学名Thujopsis dolabrata
科名ヒノキ科
主な産地日本
採油方法水蒸気蒸留法
抽出部位心材、根、枝、葉
主な含有成分セスキテルペン炭化水素類(ツヨプセン)
セスキテルペンアルコール類(セドロール)
フェノール類(ヒノキチオール)
香りの特徴成分 ヒノキチオール
(スッキリとした樹木系の香り)
主な作用リラックス作用、抗菌作用、防臭作用、防虫作用、殺菌作用、保湿作用、循環促進作用など

ヒバ精油の効果・効能

ヒノキのような、深く心地よい香りを楽しませてくれるヒバ精油。
具体的に、どのような作用をもたらしてくれるのでしょうか?
心、体、肌、それぞれへの効果についてまとめます。

(心への作用)
1) リラックス作用
ヒバ精油には、森林浴をした時のようなリラックス効果が期待できます。イライラや不安感を鎮め、緊張を緩めてくれるでしょう。また、ストレスから来る体の痛みの緩和も期待できるので、安眠作用も期待できると言われています。

2) 精神安定作用
ヒバ精油にはフィトンチッドが含まれていて、これには精神を安定させる作用が期待できます。交感神経の昂りを抑え、副交感神経を活発にしてくれるため、自律神経のバランスを整えたいときにもおすすめの精油です。

(体への作用)
循環促進作用
ヒバ精油は、血液やリンパの流れを良くする効果があるとされています。
血行やリンパの流れが改善することで、頑固な冷えやむくみの解消につながるでしょう。
老廃物が速やかに排出されるため、コリや痛みにも効果が期待できます。

(肌への作用)
1) 抗菌・殺菌作用
ヒバ精油が持つ抗菌・殺菌作用は、人間の肌にも効果が発揮されます。
主に傷の消毒や消炎のほか、ニキビ予防にも効果があると言われています。

2) 保湿作用
ヒバ精油には保湿作用があり、肌を乾燥から守ってくれます。
また皮膚内部の細胞を活性化する働きがあるとされ、乱れたターンオーバーを整える効果もあります。

3) 頭皮・ヘアケア作用
優れた抗菌力によって、頭皮のフケ予防の効果があります。
また保湿作用により頭皮の乾燥を防ぎ、気になるかゆみを抑えてくれるでしょう。
頭皮を健やかに保つことで、髪のツヤやハリを取り戻す助けになります。

ヒバ精油の使い方

  1. ヒバ精油は、大腸菌や黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌など人体に有害な菌を除菌する作用があります。日々の掃除にヒバ精油を取り入れることで、これらの菌が体内に侵入するのを防ぐ効果が期待できます。
  2. 優れた防臭作用を持つヒバ精油は、消臭剤としても活用できます。お部屋やお風呂の掃除や、芳香用としてにおいが気になる場所にお使いいただけます。
  3. 防虫効果が高い!(あくまで虫を寄せ付けない効果(忌避効果)で、殺虫剤のように虫を殺すような威力はないので、ご注意ください。)

「ヒバスプレー」を作って、キッチンのゴミ箱やシンクまわり・靴箱・網戸・玄関などにお使いいただくのがおすすめです。仕上げにヒバスプレーを1吹き!

ブレンドすると相性のよい精油

  1. 深いウッディ系の香りを楽しめるヒバ精油は、同系統の樹木系のエッセンシャルオイルとの相性がよいです。特にシダーウッドと合わせると、スッキリしたヒバ精油の香りに深みが加わり、ほのかな甘さを感じられます。深くリラックスし、心と体を癒やしたいときにぴったりです。
  2. 安眠作用を求める場合は、柑橘系のレモンと樹木系のサイプレスをブレンドしてみてください。呼吸器系に作用して、深くゆったりとした呼吸へと導いてくれるでしょう。 呼吸が穏やかになり、自然と眠りにつきやすくなります。
  3. フランキンセンスとベルガモット、そしてゼラニウムを組み合わせると、優れた抗菌・防臭作用を発揮します。こちらは足浴に使うのがおすすめです。

ヒバ精油の使用上の注意・禁忌事項

  1. 禁忌事項:なし。
  2. 注意事項:妊娠中、授乳中の方は使用しないようにしましょう。また、皮膚刺激があるため、皮膚が弱い方はパッチテストを行った上で使用してください。

ヒバ精油の価格

ヒバ精油の価格は、ブランドやグレードによっても異なりますが、通常グレード 10ml 平均価格:1,000円~3,000円程度 が相場です。
ヒバ

日本では、古くから神社仏閣などの建造物に使用されてきたヒバの木!

ヒバの木は、実は私たちにとってとても身近な存在なんです。そんなヒバから抽出されるヒバ精油。比較的安価な価格で手に入るので、室内の掃除や、防臭・防虫対策に、気軽に使ってみてください。

関連記事
ヒバ | 和精油 | 口コミ
和精油の種類| ブランド
100種類のアロマ精油|効果・効能一覧

【免責事項】

アロマテラピーは医療ではありません。精油の効果効能や心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関して Message from Aroma では責任を負いかねますので、あくまで自己責任にてのご使用をお願い致します。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様やペットにご使用する場合や、アロマ精油の使用にご不安のある方は、アロマテラピー専門家や専門医にご相談をお願いします。当サイトでご紹介しています「アロマテラピー協会」「アロマ教室」などで確かな知識を身に着け、事故のなきよう、アロマテラピーを楽しんで下さいね。

データ処理中

約5秒後にページが再読み込みされます