登録ユーザー数 44人

ベルガモット精油の効果・効能・使い方(クイズ問題集も掲載)

ベルガモット

ベルガモット精油の効果・効能・使い方

【アロマテラピーを学んでいる方へ】

ベルガモット精油について覚えておくべきポイントをまとめた「クイズ」を掲載しています。

クイズ形式の問題 を繰り返し行うことで、知識が定着します。スマホからいつでもできるので、ご活用頂ければ幸いです。

「ベルガモット」という名前は、イタリアの小都市「ベルガモ」でこの木が最初に栽培されたことに由来すると言われています。ベルガモットの香りは甘さが少なく、柑橘系の中でも大人向きの爽やかな香りです。以下の事柄はとても有名ですね!

  1. フレーバーティー:アールグレイは、ベルガモットで柑橘系の香りをつけています。
  2. 18世紀に調合されたオーデコロン:4711(フォーセブンイレブン) は、ベルガモットやネロリの香りがベースです。現在でも世界中で愛されている香りです。

ベルガモット精油で覚えておくべきポイント

  1. 他の柑橘系と異なり、「d-リモネン」が少なく、エステル類・モノテルペンアルコール類で60%近くを占めます。香りに甘さが少なく、神経を鎮静しストレスを緩和する作用が特徴的なのは、このためですね。
  2. フロクマリン類が含まれているので光毒性に注意が必要です。

ベルガモット精油クイズ

0 votes, 0 avg

ベルガモット精油クイズ(初級編)

Citrus aurantium ssp. bergamia

1 / 2

1. ベルガモット精油の禁忌事項は?

2 / 2

2. ベルガモット精油に含まれるフロクマリン類は?

Your score is

上級編へ|クイズ形式問題集(柑橘系) 

基本データ

学名Citrus aurantium ssp. bergamia
科名ミカン科
主な産地イタリア、コートジボワール
採油方法圧搾法
抽出部位果皮
主な含有成分モノテルペン炭化水素類(d-リモネン(20~50%))
エステル類(酢酸リナリル
モノテルペンアルコール類(リナロール
ラクトン類(フロクマリン類:ベルガプテン)
香りの特徴成分 
主な作用中枢神経鎮静作用、誘眠作用

ベルガモット精油の効果・効能

(心への作用)

  1. ストレスケアや不眠など、精神や心のケアに使われます。穏やかでバランスのとれた精神状態に戻してくれます。

(体への作用)

  1. 消化器系の働きを強化します。

(肌への作用)

  1. 消臭効果があります。

ベルガモット精油の使い方

アロマスプレー
  1. 香りを楽しむ(ルームスプレーやディフューザー使用の芳香浴がおすすめ)
  2. デオドラントローション(ベルガモットとペパーミント、ローズマリー・シネオール、ラベンダー・アングスティフォリア、サイプレスなどとブレンドして、身体にローションをスプレーする。)

ブレンドすると相性のよい精油

どんな精油とも相性が良いです。(柑橘系・ハーバル系・フローラル系など)

ベルガモット精油の使用上の注意・禁忌事項

  1. 禁忌事項:塗布した肌を4~5時間は直射日光(紫外線)に当てないようにする。(フロクマリン類に光感作(光毒性)があるため。)
  2. 注意事項:希釈して使用することが望ましい。(精油全体の作用より、皮膚刺激の可能性があるため。)

ベルガモット精油の価格

ブランドや精油のグレードによって異なりますが、10ml 平均価格:2,000円~3,500円程度

ベルガモット

ベルガモット精油の効果・効能・使い方について解説してきました。ベルガモット精油の魅力が伝わったでしょうか?

 

当サイトへのご意見・ご感想・ご要望などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

 

シトラス調のオーデコロンには必ずブレンドされているベルガモット。上品な大人の柑橘系の香りが魅力のベルガモット!必ず手元に置いておきたい精油です。

関連記事
100種類のアロマ精油|効果・効能一覧
クイズで学ぶ(柑橘系の精油)

【免責事項】アロマテラピーは医療ではありません。精油の効果効能や心身の不調改善を保証するものではありません。事故やトラブルに関して Message from Aroma では責任を負いかねますので、あくまで自己責任にてのご使用をお願い致します。持病をお持ちの方、妊娠中の方、お子様やペットにご使用する場合や、アロマ精油の使用にご不安のある方は、アロマテラピー専門家や専門医にご相談をお願いします。当サイトでご紹介しています「アロマテラピー協会」「アロマ教室」などで確かな知識を身に着け、事故のなきよう、アロマテラピーを楽しんで下さいね。

データ処理中

約5秒後にページが再読み込みされます