登録ユーザー数 44人

オーガニックコスメを選ぶ理由

オーガニックコスメ

オーガニックコスメとは、「有機栽培された植物由来の化粧品」のことです。

原料となる植物は、化学肥料を使用せず、水・太陽の光・土などの自然の恵みを生かして栽培されます。化学肥料を使わないことで、人・動物・植物など、全ての生物にとって安全な環境を守ることにもつながります。地球環境を守っているという優しい気持ちにもなれますね。

organic

芳香植物のパワー

アロマテラピーを学んでからは、人口香料を使わない、アロマオイル(精油)やハーブをメインに使用しているオーガニックコスメを使うようになりました。植物のパワーが私たちの本来持っている治癒力を高め、肌をケアすることが出来ることを知ったからです。

植物から抽出される芳香成分(香り)は、嗅覚から脳へ(本能へ)皮膚から体内に取り入れられます。2つのルートから取り込まれ、その2つのルートから取り込まれた作用は異なります。人間に多くの恵みを与えてくれるんですよ。

【芳香成分が取り込まれるルートと恵(めぐみ)】

  1. 嗅覚 ⇒ 香りで心がリラックス ⇒ ホルモンバランスが整う ⇒ 美肌に導く
  2. 芳香成分は脂溶性で分子構造が小さい ⇒ 皮膚表面 ⇒ 浸透 ⇒ 真皮にある毛細血管やリンパ管に入る ⇒ 成分が全身へ

⇒香りと脳の秘密 特集ページへ

【芳香成分の美肌への固有作用】

  1. 皮膚組織再生作用・・・皮膚の細胞組織を再生する作用。(ラベンダー・アングスティフォリア、ローズなど)
  2. 皮膚弾力回復作用・・・皮膚の弾力を回復させて、肌にハリを取り戻させる作用。(ローズなど)
  3. ターンオーバー調整・・・基底層で生まれる細胞を活性化させ、肌が生まれ変わるサイクルを整える。(ネロリなど)
  4. 収斂作用・・・肌を引き締める作用。(パルマローザなど)
  5. 抗菌作用・・・肌の細菌による感染を抑制する作用。(パルマローザ、ホーウッドなど)

芳香植物は、その香りで人間の自律神経やホルモンバランスを整えてくれるほか、お肌の美しさを保つための嬉しい恵みをたくさん持っています。

手作りコスメ

organiccosme

アロマテラピーを学ぶと、自分にあった基材(アロマオイル(精油)、ハーブウォーター、植物油など)を選び、自分の肌の調子・悩みに合わせた「手作り化粧品」を作る知識が身に付きます。自分の肌の調子を自らで整えることができるなんて、素敵ですよね!

ぜひ、信頼できるアロマテラピー協会(アロマ教室)で学び、その知識を身に着けて下さい。ご自身の世界が広がりますよ!

アロマ教室では、使用する基材の品質についても学びます。原料の成分分析・検査がきっちり行われ、その情報を開示している信頼できるアロマオイルブランドの製品を基材としてご使用下さい。悪品質なものを避けるということは、とても重要なことですね!

⇒アロマレシピ

オーガニックコスメ(原料・製造・品質管理の大切さ)

手作り化粧品も良いけれど、人気のオーガニックコスメも使ってみたいですよね!憧れの海外ブランドや国内で日々新しく生まれている国産のオーガニックコスメブランドなど、気になるブランドが世界中に溢れています。そのたくさんある商品の中から愛用のブランドを選ぶ時、必ず、その「品質」を確認してください。

全身に取り込まれる植物のパワーだからこそ、その商品の「品質」がとても重要です。農薬が混入していたり・・・身体に有害なものは取り入れたくないですよね・・・。

天然100%をうたった 「オーガニックコスメ」「自然派コスメ」ですが、日本では「オーガニックコスメ」に対して統一された規定がありません。メーカーがそれぞれに規定を設けている場合もありますが、オーガニックをうたっているのに100%オーガニックの原料で作られていない場合もあります。。。
ブランド(メーカー)の理念・信念・こだわりを調べる必要があります!

海外のオーガニックコスメブランドでは、オーガニックコスメ認証マークがついているものは、有機食品レベルと同じ厳格なオーガニックコスメ基準をクリアしているものが多いので、「認証マーク」が商品を選ぶ際の目安になります。

左から ECOCERT 、 cosmebio Bio
  1. ECOCERT(エコサート)・・・世界最大規模のオーガニック認証機関
  2. cosmebio Bio(コスメビオ)・・・フランスの非営利団体Cosmebioが認証

などが代表的で、商品を購入する際は、「認証マーク」にも注目して下さいね。

⇒ 原料・製造・品質管理 を徹底しているオーガニックコスメブランド

ご自身にあった素敵なオーガニックコスメブランドに出会えることを祈っております。

POSTED DATE

データ処理中

約5秒後にページが再読み込みされます